top of page

日本KSGとGrit Artsは、トーンテック ソリューションズを訪れ、カスタマイズされたサービスと製品の革新を探求する。



トーンテック ソリューションズ株式会社は、令和5年5月31日に重要なVIPをお迎えました。KSGの社長、立花和昭氏とGrit Artsの社長、關口真由美氏がトーンテックに訪れました、一緒にトーンテックソリューションズのサービスと製品を参観しました。

(KSGの社長、立花和昭氏) (Grit Artsの社長、關口真由美氏)


KSG社は、情報通信技術(ICT)インフラストラクチャに特化したハードウェア・ソフトウェアの貿易業者であり、Grit Arts社はICT機器の保守会社で、ハードウェアおよびソフトウェアの技術サポートとサービスを提供しています。今回の訪問は、KSGとGrit Artsがトーンテック ソリューションズのカスタマイズされたサービスと製品を深く理解することを目的としています。


トーンテック ソリューションズは、その専門能力によって評判を得ています。他の大手企業とは異なり、トーンテック ソリューションズは優れたカスタマイズされたサービスで知られており、顧客の特殊な要求に応えることができます。この独特のサービスモデルは、KSGやGrit Artsなどの企業の注意を引き付け、彼らはトーンテック ソリューションズのサービス内容を深く理解し、協力の機会を探求したいと考えています。


訪問当日、両社はトーンテック ソリューションズが提供する製品、サーバー、ノートパソコン、ミニコンピューターなどを詳細に観察しました。これらの製品は人工知能の領域と組み合わせることができ、対応するソリューションを提供し、顧客に優れたパフォーマンスと優れたユーザーエクスペリエンスをもたらします。

(当日の盛況)


その後、両社はトーンテック ソリューションズのチームと深い議論を行いました。彼らは各社の事業領域と展開計画を共有し、可能な協力機会について議論しました。立花社長はトーンテック ソリューションズのカスタマイズされたサービスに高い評価をし、KSG社の顧客により優れたソリューションを提供するためにトーンテック ソリューションズとの協力を希望すると表明しました。同様に、関口社長もトーンテック ソリューションズの技術サポートとメンテナンスサービスを高く評価し、トーンテック ソリューションズのこの分野での専門能力に期待を寄せました。


トーンテック ソリューションズのチームはこの訪問に対して心からの感謝の意を表しました。彼らはKSGやGrit Artsなどの名だたる企業との交流と協力がトーンテック ソリューションズの製品とサービスの向上を一層推進すると述べました。トーンテック ソリューションズは引き続き顧客の要求に応えるために努力し、製品の品質向上に取り組み、より包括的なソリューションを顧客に提供し続けると約束しました。


この貴重な訪問は、トーンテック ソリューションズ株式会社とKSG、Grit Artsなどの企業とのパートナーシップ関係の基礎を築きました。双方の努力により、将来的にさらなる共同成果を達成し、顧客に革新的な製品とサービスを提供すると信じています。


(タブレット、ラップトップ、チャージャー、ミニPCなど)


コメント


bottom of page